プリザーブドフラワーの歴史


プリザーブドフラワーの歴史
プリザーブドフラワーはフランスで生まれました。
ヴェルモントという会社がブリュッセル大学とベルリン大学との共同研究の末に1987年に世に発表した
ものです。
はじめは枯れることがない・・・というふれこみで出回りましたがやはり退色やカビなどが発生す
るということで3年~5年といわれています。
1991年に特許を取得しヨーロッパをはじめ日本にも広がり今ではかなり知名度を上げています。
年々、加工される素材も増え合わせるマテリアルも増えています。
プリザーブドフラワーは近年開発された技術で花分野の中の新しい1ページを作ったともいえる、画
期的で新しい技術であり、商品です。

プリザーブドフラワーの常識
プリザーブドフラワーは生花を加工した、長持ちするお花です。
詳しくは脱色・脱水し、着色してあるものですが、ドライフラワーなどとも違い柔らかく本物感のあるのが
特徴で本当に生花のようです。
ただ、最も気をつけていただきたいのはお水をあげない!ということです。
水や湿気はプリザーブドフラワーの天敵!!湿った所では花がべたついたり、カビが生えてしまったりします。
間違ってもお水は絶対にあげないでください!!
また日差しに直接あたる所は退色の原因になりますので基本的には戸外は適さないです。
室内の直射日光の当たらない場所、湿気の少ない場所で楽しんでいただきたいです
プリザーブドフラワーの入荷
プリザーブドフラワーはとても人気があり、欠品の多い商品です。
特定のお色めやデザインをご希望される方にはもちろんオートクチュール方式でお作りすることが
可能です。
ただし、メーカーの在庫や発送状況でプリザーブドの材料としての商品が当店に届くまで1週間から
10日を見ていただくのがベストです。
メーカーは、土日祭日がお休みになっており、通常17時までの営業ですのでそれ以降にご注文され
ますと休み明けの注文受注、翌日の発送になりますので当店に届くのが最長で5日かかってしまい
ます。
またアジサイや特定のお色は非常に欠品が多いものもあるので、こだわりの逸品をお贈りになりた
い場合には、早めのご相談をお待ちしています。
プリザーブドフラワーのトレンド
最近のトレンドはスワロフスキーなどのビーズをつけて高級感をだしたり、大手造花メーカーの東
京堂は今年リバティープリントの布を多く商品としてラインアップしているようです。
箱のほかにくまさんなどもリバティープリントで作られています。
その他アクセサリーとしての提案としてコサージュにするためのアイテムや、リボン、などがトレ
ンドのようです。
その他アレンジメントに関しては、バラに文字をプリント(シールのようにこすりつけるものもあ
ります)する商品なども新しく出てきています。
器としてはワックス素材の物やスイーツアイテムはスタンダードになりつつあります

プリザーブドキット
プリザーブドフラワーを手作りするキットには2種類あります。
1つはプリザーブドフラワーのアレンジメントを手作りするためのキット。
こちらにはアレンジするための器・そこに入れるオアシス・素材となるグリーン、プリザーブド
フラワー、リボン、その他のマテリアルなどが一式セットになっています。
もう一つは生花からプリザーブドフラワーを作るためのキットです。
脱色・脱水するための1液、着色するための2液がセットになっているものです。
前者はアレンジすることを楽しむためのキット、後者は生花からプリザーブドフラワーに加工する
ためのキットで性質や目的が違っています。
多くのキットはすでに加工されたお花がセットなっているアレンジメント用のキットです。
目的に合わせてキットを体験してみて下さい
プリザーブドフラワーを手作りする
プリザーブドフラワーを手作りするためには専用の液体が必要になります。
加工液として販売されています。
まず生花の水分と色を取り除くためのA液。こちらで生花の色と水分を取り除きます。
続いて着色するためのB液。こちらで好みの色のプリザーブドフラワーに加
工していきます。
最近では1つの液体に3日程度つけておくだけで加工できるものもあるようです。
基本的に生花本来の色は脱色してしまうので関係ありません、色は着色液(B液)の色合いになり
ます。
ただお花によっては加工できないもの、色が載りにくいもの、色が抜けにくいものなどあるようで
す。
バラなどは非常によくつかわれる、一番加工しやすいお花なのではないでしょうか・・・おた
めしはバラからされてはいかがですか?
プリザーブドフラワーのメーカーと特徴
プリザーブドフラワーのメーカーは元祖ベルモント、ヴェルディッシモ。
両方ともフランスのメーカーです。
特にヴェルディッシモは世界中で使われている大輪のバラで有名なエクアドルのバラを加工してい
ます。
またお花のほかにグリーンの加工も豊富です。
ヴェルモントのバラは漂泊をしていないため、退色しずらいと言われています。
アモローサはベルベットのような深みのある色合いと大輪系のお花を使ったゴージャスな輪という
こと。壊れにくくしっかりしています。
よく見かけるプリザービングは日本のドライメーカー大手の大地農園の商品です。
国内唯一のメーカー。
大きさの種類や色合いの豊富さなど日本のメーカーらしく使い勝手がよいです。
フロールエバーは独自の農園でお花を育てるところから始めているメーカー。
安定した色合いで丁寧に作っている印象です。
色合いも豊富で大きさもさまざまです。
プリザーブドフラワ―のサイズ
基本的にプリザーブドフラワーを代表するお花はバラです。
バラの大きさにはメーカーによりかなり違いがあり、1cm程度の小さな花から1輪7cm位ある
大ぶりの花まで様々です。
フロールエバーでは一番大きなものがプレミアムローズ、花径約7.5~10cm。一番小さなもの
でスパークリングベイビーローズ、花径2~3.5cm。アモローサでは花径5~6cmが多く、
プリザービングでは花径4.5~1.5cm程度です。
ここに記したのは一般的なサイズですがその他にももっと大輪のものもあります。
どのサイズのバラをどのくらい入れるかでボリュームや豪華さは変わってきます。
またローズメリアに加工する場合には大輪の薔薇を使う方がきれいにゴージャスにできますよ。
プリザーブドフラワーでできるもの
一般的に生花でお作りできる商品はプリザーブドフラワーでもお作りできます。
具体的にはアレンジメント、ウェディングブーケ、コサージュ、ヘッドドレス、リース、壁飾り、
コラージュ・・などなど。
ただし、茎がないので花束が難しいです。バラだけは茎が別売りされているので束ねることも可能
ですが、生花のように多種多様な花種があるわけではないので束ねるものは作りにくいです。
その反面、生花でお作りするのが難しいものも多くお作りできます。
紙物の上に飾るお花、例えばウェルカムボードにつけるものやペーパーでラッピングされたものの
上に飾るコサージュなど乾いているので生花よりもプリザーブドの方が適していると言えるでしょう。
プリザーブドフラワーと合わせる素材
プリザーブド加工されたお花に合わせるものとして、グリーン、こちらもプリザーブド加工された
ものやそうでないものの場合は造花(アーティフィシャルフラワー)やナチュラル感を出したい場
合はドライ素材と組み合わせたりします。
オーナメントとしてはスワロフスキーや東京堂が出しているリバティープリントのアイテムなどが
新しいです。
またコサージュや髪飾りなどに加工する場合は、アクセサリー類も豊富に販売されています。
たとえば、ビーズやパール、それにつかられるようになっているイヤリングやコサージュホルダーなど。
アクセサリーをかけるためにボディーも販売されています。
また香りをつけるためのフレグランスも販売されていますよ